2018年6月24日(日)

森下仁丹、子宮頸がんの経口ワクチン事業に参入

2016/6/16 11:55
保存
共有
印刷
その他

 森下仁丹は16日、子宮頸(けい)がんの治療に使う経口ワクチン事業に参入すると発表した。創薬ベンチャーのアンジェスMGから、日米英中4カ国での開発・製造・販売に関する権利を使う許可を得ることで基本合意した。森下仁丹は口中清涼剤「仁丹」以外の事業拡大を進めており、利益率の高い医薬品事業の成長につなげる。

 アンジェスから権利使用の許可を得るワクチンは、子宮頸部でがんになる前の細胞の変化があった段階で投与する。経口投与することで、がんへの移行を回避できるという。現在、東京大学大学院の川名敬准教授が臨床研究を行っている。

 森下仁丹は、権利を得る対価として契約一時金のほか、販売後はロイヤルティーを支払う。同社は体内の狙った場所で溶ける特殊なカプセル技術を持っており、今回のワクチン製造に活用できる可能性がある。

 森下仁丹の2016年3月期のカプセル受託事業の売上高は15年3月期と比べて10%増の37億円だった。主力のヘルスケア事業は16年3月期は営業赤字で、成長が見込めるカプセル受託事業の拡大を急いでいる。

 同社は今後、アンジェスに続き、外部の研究機関や企業と年内に提携し、ワクチンの開発や販売の体制を構築する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報