大型ペットボトル改良 植物由来の原料や潰しやすい形状

2015/3/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

清涼飲料大手が大型ペットボトル容器を相次ぎ改良する。アサヒ飲料は4月から「三ツ矢サイダー」の1.5リットル容器の一部で植物由来のバイオエタノールを原料に導入し、キリンビバレッジはミネラル水「アルカリイオンの水」に使う2リットル容器を大幅に軽量化した。環境対応や利便性向上の取り組みを進めることで消費者にアピールする。

アサヒは明石工場(兵庫県明石市)で内製する容器の一部について、通常の石油由来原料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]