/

この記事は会員限定です

止まらぬ「トランプ円安」 見えてきた110円台

経済部 浜美佐

(更新) [有料会員限定]

外為市場で「トランプ円安」が巻き起こっている。16日の東京市場で円相場は約5カ月半ぶりに1ドル=109円台半ばまで下落。トランプ米次期大統領の経済政策への思惑がドル買いを誘っている。米大統領選前には遠かった110円の大台が近づいてきた。

円相場は16日、続落した。午後5時時点では109円42~44銭。1週間前の米大統領選でのトランプ氏の勝利が、それまで100円台前半で推移していた円相場の潮目を大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン