15年12月の産業機械受注高、21%減 3カ月ぶりマイナス

2016/2/15 19:39
保存
共有
印刷
その他

日本産業機械工業会(東京・港)が15日発表した2015年12月の産業機械受注高は14年同月比21%減の3815億3500万円だった。3カ月ぶりのマイナス。内需は26.1%減の2311億5800万円だった。民間投資だけでなく、公共投資も落ち込み官需が減少した。輸出は11.5%減の1503億7700万円だった。原油価格の下落などを受け、アジアで化学機械、中東で風水力機械が不振だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]