/

この記事は会員限定です

三井物産社長「非資源に1兆円超」 IoTなど投資

[有料会員限定]

三井物産が3年間の中期経営計画をスタートさせた。最終年度の2020年3月期に連結純利益4400億円と最高益更新を目指す。安永竜夫社長は「資源価格に大きく左右されないために、事業構成の組み替えを最重要課題として取り組む」と機械やインフラ、化学品など非資源分野に1兆円以上投じる考えを示した。

――3年間で1兆7000億~1兆9000億円を投じる計画です。

「資源エネルギー、機械インフラ、化学品の中核分野に65...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン