/

ANA、ミャンマーで航空会社設立へ 現地財閥と合弁

全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスがミャンマーで現地の大手財閥シュエ・タン・ルウィン・グループとの合弁で新たな航空会社の設立準備を進めていることが明らかになった。ANAは新会社に49%を出資し、アジア域内への国際線を運航する計画だという。

ANAは2013年にミャンマーの航空会社アジアン・ウィングス・エアウェイズに出資すると発表した。その後、同国内で競争が激化したことなどを理由に出資を取りやめ、新たな投資先を模索していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン