ANA、ミャンマーで航空会社設立へ 現地財閥と合弁

2016/3/15 23:35
保存
共有
印刷
その他

全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスがミャンマーで現地の大手財閥シュエ・タン・ルウィン・グループとの合弁で新たな航空会社の設立準備を進めていることが明らかになった。ANAは新会社に49%を出資し、アジア域内への国際線を運航する計画だという。

ANAは2013年にミャンマーの航空会社アジアン・ウィングス・エアウェイズに出資すると発表した。その後、同国内で競争が激化したことなどを理由に出資を取りやめ、新たな投資先を模索していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]