/

この記事は会員限定です

東レ、LG化学の工場買収 エコカー向け電池材料生産

首位の旭化成追う

[有料会員限定]

東レは2015年中に韓国LG化学からリチウムイオン電池の主要材料であるセパレーター(絶縁材)の工場を買い取る。LGは完成品であるリチウムイオン電池で高シェアを握る。不安定なウォン相場など経営環境が変化する中、材料であるセパレーターでは日本メーカーからの購入を増やし、分業するのが高効率だと判断した。東レはセパレーターの生産を増強し、世界シェア首位の旭化成を追う体制を整える。

日韓は電子デバイスや自動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン