IoT向け省電力センサー端末を共同開発 東芝など

2016/9/15 20:11
保存
共有
印刷
その他

東芝やアルプス電気などは15日、あらゆるものがネットにつながる「IoT」向けの省電力センサー端末を開発する共同出資会社を設立したと発表した。太陽光などで自ら発電するため電池を必要とせず、温度や湿度、気圧、加速度など測定データをデータセンターに送信し続ける。インフラ監視などに応用でき、IoTシステムとして顧客企業に提案する。

新会社名は「デバイス&システム・プラットフォーム開発センター」(川崎市)…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]