ポピンズ、家事代行など外国人派遣 特区活用し神奈川から

2015/12/15 22:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベビーシッター大手のポピンズ(東京・渋谷)は外国人の派遣を始める。直接雇用で研修を受けた外国人が家事の代行や保育所への送り迎えをする。外国人の家事代行を緩和する特区を活用し、2016年3月に神奈川県から始め、大阪府にも広げる方針だ。政府が推進する女性が働き続けやすい環境づくりのためには子どもの面倒をみる人が不足しており、都市部を中心に働く女性のニーズを取り込む。

当初は5人程度を直接雇用しサービ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]