2019年4月19日(金)

ネットで仕事受注 クラウドワーカー330万人
3年で倍増、低賃金やスキル向上が課題

2016/11/15 21:33
保存
共有
印刷
その他

個人がインターネット経由で仕事を受ける「クラウドワーカー」が増えている。11月時点で330万人とこの3年で倍増し、トヨタ自動車など大手企業も活用する。仕事はデータ入力といった手軽な内容にとどまらず、人工知能(AI)開発の支援にも広がる。2020年には1千万人に達する見通しだが、働き手の低賃金やスキル向上など課題も見えてきた。

「大企業も新しい働き方を認知するようになった」。15日、クラウドワークスの吉田浩一郎社長は事業戦略説明会でこう強調した。同社は不特定多数の人に業務を委託し、受注者は時間や場所にとらわれず仕事ができる「クラウドソーシング」の専業大手。トヨタやNTT東日本などのべ13万8千社が利用する。

同日には新サービスを始めた。企業と個人を仲介する従来型ではなく、個人と個人の間で仕事を受発注できる。例えば専業主婦が子育てや料理のスキルを出品し、それを求める個人が購入する。

クラウドワーカーの仕事は多岐にわたる。クラウドソーシング専業大手のリアルワールドが始めたのはAI開発の支援。様々な方言や声質に対応できるAI開発のため、各地の働き手に音声をふき込んでもらう。すでに40万件を超えるデータが集まった。民泊物件の撮影や掃除、訪日外国人向け翻訳などの仕事も増えてきた。

担い手は主婦が多い。8月に仕事を始めた東京都江戸川区に住む専業主婦(39)は美容整形や脱毛に関する情報をインターネットで調べ、医療機関向けに記事を書く。2歳の娘の昼寝の間などスキマ時間を使い月収は3千円程度。「専業主婦はお金を稼いでいない罪悪感がある。今はお小遣い程度でも満足している」と話す。

「ゲームおたくで良かった。月5万円の臨時収入がある」と話すのは、副業が認められている建設会社に勤める男性社員(45)。休日にゲームアプリの開発を支援し、今では高度な仕事の発注もくるようになった。

大手企業の活用も広がる。三井不動産は「ららぽーと海老名」(神奈川県海老名市)のフードコートのロゴ作成で活用。短期間で100件以上の応募があり、今後も利用に前向きだ。

業界団体のクラウドソーシング協会によると、20年までに働き手は1千万人に達する見通し。仕事の内容も人材も広がりつつあるなか、早くも課題に直面する。

1つは時給の伸び悩みだ。簡単な文字入力の仕事は時給300~400円程度。リアルワールドの田口直樹執行役員によると、データ入力といった単純労働は「中国やベトナムなど海外との価格競争になる。時給引き上げは難しい」と打ち明ける。

クラウドワーカーのスキル向上も時給引き上げには必要だ。専門的な仕事をできるようにする教育や、病気の時でも収入を保障する制度など安心して働ける環境づくりも欠かせない。(吉田楓、荒尾智洋)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報