/

ライフネット生命、創業者の出口会長が退任

出口治明氏

ライフネット生命保険は15日、創業者でもある出口治明会長(68)が6月25日に開催する株主総会後に退任すると発表した。同氏は戦後初の独立系生保となるライフネット生命を立ち上げ、「インターネット生命保険」という新市場を切り開いた。退任後は、創業者として次世代の人材育成や広報活動に注力するという。

出口氏は大学卒業後、1972年に日本生命保険に入社。2006年、長年勤めた日本生命保険時代の経験を生かし、58歳の時に同社の前身である「ネットライフ企画」を設立。2008年に生命保険業免許を取得し、営業を開始した。

同氏は当時、60歳。シニア世代になってから本格的な起業を成功させた「還暦ベンチャー起業家」としても知られている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン