/

フジHD日枝会長「フジテレビの業績は不本意」

フジ・メディア・ホールディングスの日枝久会長は15日、都内で決算説明会を開き、「フジテレビジョンは不本意な成績だった。業績不振は明らかで、視聴率のアップと営業収益の改善が喫緊の課題」と話した。BSフジの宮内正喜社長を持ち株会社とフジテレビのトップに据え、自身が相談役に退く経営体制の変更については「(フジテレビに)新しい風をふき起こしてほしい。社内の空気が一新すれば、反転攻勢のきっかけを作れる」と言及。「すでに、新しい中期経営計画の策定を指示した」ことを明らかにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン