/

この記事は会員限定です

山崎製パン、28年ぶり国内工場新設 神戸に200億円超投資

[有料会員限定]

山崎製パンは国内で28年ぶりにパン工場を新設する。200億円超を投じ、食パンや菓子パンを生産する工場を2018年に稼働させる。国内食品市場の成長が鈍化するなか、コンビニエンスストアで販売するサンドイッチなどを通じて、パンの需要拡大が続いていることに対応する。

同社は07年に冷凍パン生地の工場を設けたが、パンの最終製品での新設は1990年の愛知県安城市の工場以来となる。神戸市にある冷凍パン生地工場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン