/

ダ・ゾーンがサッカー欧州CL放映権 スカパーから奪う

英動画配信サービスのパフォームグループは15日、傘下の「DAZN(ダ・ゾーン)」を通じ、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するUEFAチャンピオンズリーグ(CL)などの日本での独占放映権を獲得したと発表した。2018~19年シーズンから3シーズンが対象。これまで手がけてきたスカパーJSATホールディングスにとって、Jリーグ放映権を失ったのに次いで痛手となりそうだ。

ダ・ゾーンが独占放映権を獲得したのは、実力、人気ともクラブサッカーで世界最高峰とされるCLのほか、ヨーロッパリーグ(EL)、CLとELの前季の優勝クラブが戦うスーパーカップの3つのコンテンツ。20~21年シーズンまで、プレーオフから決勝トーナメントまで全試合のライブ中継をする。見逃した顧客向けの動画配信やハイライト映像も流す。

ダ・ゾーンは17年からJリーグと10年契約を結び、日本のサッカーファンの獲得に本腰を入れている。日本でも根強い人気のチャンピオンズリーグも独占放映権を取得し、一段と攻勢をかける。

一方、スカパーは長く同社のコンテンツの柱だったJリーグの放映権をダ・ゾーンに奪われ、顧客をつなぎ留める新たなコンテンツ探しが急務だった。その矢先でチャンピオンズリーグも逃したことになり、顧客流出が進む可能性がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン