/

シャープ、「ロボホン」をドコモ通じ販売

NTTドコモは15日、シャープのロボット型携帯電話「ロボホン」の企業向け販売を始めたと発表した。企業向けは受け付けや接客での利用を想定し、これまではシャープが直接販売してきた。販売チャネルを広げ、ロボホンの販売拡大につなげる。

ロボホン本体に加え、NTTドコモは通信回線やクラウド上の対話ソフトなども有償で企業に提供する。NTTドコモはすでにタカラトミーのロボット「オハナス」を販売しており、食品メーカーや商業施設などに納入しているという。

シャープは5月末に個人向けにロボホンを発売し、6月末に企業向けの販売も始めた。すでに岡山県内の観光案内所や広島県内の自動車販売店などが導入している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン