/

電通、ベンチャー投資へファンド 総額50億円

■電通 総額50億円のベンチャー投資ファンド「電通ベンチャーズ」を設立したと15日、発表した。欧米やアジアの海外企業が主な投資対象で、2022年までの7年間で運用する。広告やコミュニケーションの分野で革新的な技術を持つベンチャー企業を発掘し、新規事業の開発につなげる。資金を出すだけでなく、電通の事業ノウハウを投資先に提供してビジネスを支援する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン