ソネットが社名変更 グループのIoT担う

2016/6/15 21:36
保存
共有
印刷
その他

■ソネット 7月1日付で社名をソニーネットワークコミュニケーションズに変更すると15日発表した。インターネット接続サービス名としてはソネットブランドを続け、現在のロゴも使用する。ソネットはソニーのクラウド関連サービス事業を7月をめどに吸収し、あらゆるモノがインターネットでつながるIoT(モノのインターネット化)分野の中核となる。社名変更でグループの一体感を高め、新規事業などを加速させる。同社は1995年にソニーとソニー・ミュージックエンタテインメントなどの共同出資でソニーコミュニケーションネットワークとして発足し、96年からサービス名でソネットを使用。2006年にソネットエンタテインメント、13年にソネットに社名を変えている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]