原発の代替、西日本に火力 Jパワーなど廃炉にらむ

2014/10/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

Jパワーは宇部興産や大阪ガスと組み、山口県に大型の石炭火力発電所を建設する方針だ。出力は120万キロワット規模で、投資額は2千億~3千億円程度とみられる。西日本には古く、再稼働のハードルが高い原子力発電所が集中する。燃料費が安く安定稼働する電源が不足する可能性があり、代替需要を狙う。

宇部興産の石炭受け入れ基地(山口県宇部市)に近い遊休地に建設する。まず2020年代前半に60万キロワット級の高効…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]