/

この記事は会員限定です

原発の代替、西日本に火力 Jパワーなど廃炉にらむ

[有料会員限定]

Jパワーは宇部興産や大阪ガスと組み、山口県に大型の石炭火力発電所を建設する方針だ。出力は120万キロワット規模で、投資額は2千億~3千億円程度とみられる。西日本には古く、再稼働のハードルが高い原子力発電所が集中する。燃料費が安く安定稼働する電源が不足する可能性があり、代替需要を狙う。

宇部興産の石炭受け入れ基地(山口県宇部市)に近い遊休地に建設する。まず2020年代前半に60万キロワット級の高効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン