/

この記事は会員限定です

植物性乳酸菌、インフル感染予防に効果 カゴメが調査

[有料会員限定]

カゴメは自社が保有する植物性乳酸菌「ラブレ菌」に、インフルエンザの感染を抑えられる効果があるという調査結果をまとめた。16~17日の日本食品免疫学会で発表する。店頭などで健康への機能性をアピールし、ラブレ菌を含む飲料「植物性乳酸菌ラブレ」シリーズの販売促進につなげる。

今年1~3月に栃木県那須塩原市の小学生2926人を対象に調査した。ラブレ菌を約60億個含む商品を飲んでもらい、インフルエンザに感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン