三井化学、不織布の生産能力3割増 紙おむつ向け

2015/7/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

三井化学は2017年度中にも紙おむつなどに使う不織布の国内生産能力を約3割引き上げる。投資額は50億~60億円を見込む。中国や東南アジアからの旅行客による大量購入もあり、乳幼児向け紙おむつの国内販売が上向いている。不織布を増産し、紙おむつを生産する日用品メーカーへの供給体制を強化する。

三重県四日市市にあるグループ会社で、生産能力を約1万5千トン引き上げる。得意とする肌触りのよい高機能品を中心に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]