/

駐在員の生活費、東京が4年ぶりトップ 英社調査

英人材コンサルティング大手ECAインターナショナルがまとめた世界主要都市の駐在員生活費ランキングによると、2016年は東京がトップだった。首位は2012年以来4年ぶり。調査期間中に対ドルで円高が進んだことで、昨年の12位から一気に順位を上げた。横浜(27位→5位)、名古屋(28位→7位)、大阪(36位→9位)など、東京以外の都市も軒並み上位に食い込んだ。

今年9月に世界450都市について、食品や衣料品、家電、レジャーなど一般的に購入される消費財やサービスの費用を調べた。住居費や学費など、給与とは別の手当で補助されることが多い費用は除いている。

2位はアフリカのアンゴラ共和国の首都、ルアンダ。スイスのチューリヒ、ジュネーブが続く。

欧州では英国の都市が「劇的に」(ECAインターナショナル)、順位を落とした。ロンドンは2004年の調査開始以来、初めて100位圏外。欧州連合(EU)離脱決定に伴う英ポンドの急落で、パリやベルリン、ブリュッセルといった欧州の他の都市に比べても生活費は相対的に下がっている。

昨年7位で、アジアで最も生活費が高かった上海は13位と昨年から6つ順位を下げた。人民元安が影響し、中国の主要都市では北京や広州も前年から順位を下げている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン