トヨタ、水素供給の新会社 移動式ステーション運営

2014/11/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は燃料電池車(FCV)の燃料となる水素の供給事業を始める。グループの豊田通商を通じて移動式の水素ステーションを運営する新会社を年内にも設立する。トヨタも直接出資を検討する。12月にFCVの第1弾を発売するが、水素ステーションが不足気味なため、自らもインフラ整備を手掛けることにした。

移動式ステーションはトレーラーに充填用の水素タンクを積み込んでいる。小さなスペースにも置けるため、公共…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]