/

特許の国際出願、中国勢が1位2位 4位三菱電機

昨年

【ジュネーブ=原克彦】世界知的所有権機関(WIPO)が15日発表した2016年の特許の国際出願によると、中国の中興通訊(ZTE)が4年ぶりに首位になった。前年に1、2位だった中国・華為技術(ファーウェイ)と米クアルコムが続き、日本勢では三菱電機の4位が最高。ソニーは10位だった。

国別の出願件数では前年に続き米国、日本、中国の順で多い。中国は前年比45%増の約4万3000件で、日本の約4万5000件(前年比3%増)に迫った。中国の出願件数が伸び続けていることからWIPOは「この傾向が続けば、あと2年で米国を追い抜く」と分析している。

集計は特許協力条約に加盟する国に一括して出願する制度を利用したものが対象だ。企業や大学の技術力を表す指標とされ、国際化の度合いも示す。日本企業では13年にパナソニックが出願件数で世界首位だった。

教育機関の出願件数ではカリフォルニア大を筆頭に米国の大学が上位10校のうち7校を占める。残り3校のうち2校は韓国の大学で、日本の最高は東大の6位。京大は20位に入っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン