/

パナソニック、IoT機器向けセキュリティー技術開発

パナソニックは14日、あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」機器向けのセキュリティー技術を開発したと発表した。自動車の制御機器や監視カメラなどにソフトウエアを組み込み対策を施す。従来のセキュリティー対策はパソコンやサーバーが中心だったが、IoTにより端末側でもセキュリティー対策が必要となっていた。

車載機器などに搭載されている半導体は処理能力が低いものも多く、セキュリティー対策を施すとコストが大幅に増えるのが課題だった。パナソニックは搭載されている半導体の能力は変えずに効率よく処理できるセキュリティー技術を開発。低コストで組み込みやすくした。

端末に組み込むソフトウエアのほか、サイバー攻撃検知、遠隔保守など一貫したサービス体制を整え、10月から順次提供する。ウイルス対策ソフト大手の米シマンテックなどとも協業する。省エネルギー機器、医療機器向けにも売り込み、IoT普及をにらみ新規事業として育てる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン