連結トラックで他社と共同輸送 ヤマトが検討

2017/7/14 21:24
共有
保存
印刷
その他

 ヤマト運輸は大型トラック2台分の輸送が可能な連結トラックで、他の運送会社と荷物を共同輸送する検討を始めた。業界団体と連携し、佐川急便や日本通運、西濃運輸などに参加を呼び掛けていく予定だ。早ければ年内にも東名高速道路などで実証実験をする見込み。競合他社と協力して運転手の人手不足の緩和につなげたい考えだ。

 連結トラックは大型トラックの後ろに荷台をつなげたもので、長さ約21メートル。1人の運転手で通常の大型トラックの約2倍の荷物を運べる。

 ヤマトは昨年度に連結トラックを2台投入し、自社の物流拠点間の荷物輸送を始めた。共同輸送ではヤマトのトラックの後ろに他社の荷台を連結することなどを検討している。

 国土交通省も物流の効率化に向けて、運送会社に連結トラックの導入を推奨している。トラックの長さ制限を25メートルに緩和することも検討中だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 1:00
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報