解禁前に選考31% 経団連ルール形骸化

2016/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経団連は今年、加盟企業に採用選考を6月1日から始めるように求め、採用日程の目安となっている。ただ、調査では全体の54.0%が6月前から選考を始めていることが分かった。

このうち、経団連の加盟企業でも31.4%が6月前から選考を始めていた。経団連は学生が学業に専念する時間を確保できるように指針を決めたが、企業は優秀な人材を確保するため囲い込みに動いており、ルールの形骸化が進んでいる。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]