/

新電力の日本ロジテック、破産申請へ

新電力の日本ロジテック協同組合(東京・中央)が破産手続きの準備に入ったことが14日わかった。11日付で債権者に対し、代理人弁護士が債務整理の受任通知を出した。代理人弁護士は「破産の可能性も含めて調査している」としている。日本ロジテックは資金繰りが悪化し、4月からの電力小売りに必要な事業者登録申請を2月に取り下げた。3月末で電力小売事業から撤退する。

負債総額は2015年3月末時点で約71億円だが、電力会社などへの未払いが増えており膨らんでいる可能性もある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン