/

この記事は会員限定です

KDDI、暮らしへ浸透 サービス拡充で通信補う

食材販売、auショップで注文

[有料会員限定]

KDDI(au)が暮らし回りの総合サービス企業に変身しようとしている。14日、今夏から携帯電話販売店「auショップ」で食材などの物販を始めると発表した。通信事業は料金や端末でライバルと差が付きにくくなっており、成長の鈍化は避けられない。通信に限らず、金融なども含めた多様なサービスの提供で顧客をひきつけ、収入機会も増やす狙いだ。

同日都内で開いた新製品・サービスの説明会。田中孝司社長は、例年は目玉と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン