/

この記事は会員限定です

セーラー万年筆 社長解職劇、法廷闘争へ

経営陣「業績は黒字化せず」 中島氏「新事業推進は合理的」

[有料会員限定]

セーラー万年筆で社長解職を巡る騒動が起きている。12日付で中島義雄(73)社長を解職し、代表権のない取締役とする人事を発表したが、中島氏は決議は無効と主張。14日にセーラーが手続きは「有効である」とのコメントを発表すると、中島氏は東京地方裁判所に決議無効の仮処分を申し立てたことを明らかにした。元大蔵官僚で船井電機の副社長などを務めた中島氏の社長就任から6年、創業100年を超える老舗が揺れている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン