/

この記事は会員限定です

ソフトバンクとサウジ、IoT覇権へ投資連合

10兆円ファンドで関連産業囲い込み

[有料会員限定]

ソフトバンクグループがサウジアラビアの政府系ファンドと共同で投資ファンドを設立する。最大1000億ドル(10兆円強)規模を目指すファンドの投資対象はIT(情報技術)関連企業。あらゆるモノがインターネットとつながる「IoT」事業の構築に向け、孫正義社長は財布に巨額のオイルマネーを取り込む。ただ、サウジとの連合には危うさも潜む。

ソフトバンクは新設する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」に今後5年で250億ドル以上を出資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン