フォローする

「製薬」は、世の中をよくできるか。

 日本経済新聞社は、読者や企業の皆さんと一緒に日本の課題について考え、議論する「未来面」をスタートさせました。今回のシリーズのテーマは「革新力」です。日本経済新聞の紙面と電子版を通じて経営者と読者が双方向で対話し、アイデアの実現可能性を探ります。企業のモノ作りは、サービスは、金融は世の中をよくできるのか。革新的なアイデアをお寄せください。

チームが変革するためメンバーは何をなすべきですか?
学生の提案 中山譲治・第一三共社長編

(3/3ページ)
2016/10/24 3:30
保存
共有
印刷
その他

■「弱み」を見せる勇気

竹田 祐太(駒澤大学文学部3年、21歳)

もしも戦いの場で相手に自分の弱点を知られていたら、それは良いこととはいえない。しかし、もし仲間が自分の弱点を知っていたらどうだろうか。私は野球を通して仲間と一緒に戦ってきた。チーム作りの一つとして、メンバーの強み・弱みを把握することを大切にしてきた。そうすることで、仲間を信用することができて、本当の「助け合い」が生まれると考えてきた。たとえリーダーでも、弱みを見せることは決して恥ずかしいことではない。「弱み」を見せなければ誰もその穴を埋めてくれない。メンバー一人ひとりの「弱み」が、いつしかチームの大きな「強み」へと変わっていくのではないか。

■外国人受け入れマインドと英語力の向上

鈴木 悠人(東大大学院工学系研究科修士2年、23歳)

日本に限った話だが、外国人への偏見をなくし協力するマインドを持つこと、そして英語力を身につけることが必要だろう。この2つによって日本人の消極的な仕事への姿勢が変わり、メンバーが主体的になるため、全体の成果につながる。日本人のチームメンバーに主体性がなく成果が出にくいなら、それは日本の文化や気質によるところが大きいと考えている。協調性が重視されるあまり、チームの問題を指摘し変革できるチームとは言いにくい状況になっているのではないか。そこで、外国人メンバーを受け入れると、その生産性の高さや主体的な働き方に日本人は触発されるだろう。私自身、現在外国人と一緒に働いているが、そのアグレッシブさには毎日いい刺激を受けている。もちろん英語力も外国人とのコミュニケーションのために必要で、自分も今勉強中だ。

■一人ひとりの意識を高めよう

佐藤 友香(青山学院大学文学部3年、21歳)

チームが変革するには、メンバー一人ひとりがチームに必要不可欠な構成員であるという自覚を持ち、行動することが大切だ。私はコピーダンスチームの代表を7月から務めている。新チームになった私たちの運営は要領が悪く、最高学年の私ともう1人の2人が仕事の大部分を担う体制だった。その結果、後輩に私たちの苦労が伝わらず、大会への熱意に差が生じ、予選大会では結果を出せなかった。そこで次の大会では後輩と役割分担するように改めた。私たちにとって、後輩のミスをフォローしなければならないのは二度手間だったが、後輩たちの間ではチームの一員であるという意識が高まった。その結果、後輩は予選に比べ練習に来るようになり、その態度も格段に改善した。一部の幹部が全てをこなすようでは他のメンバーの士気は高まらない。時間はかかるかもしれないが、全員が仕事を分担し「チームに必要とされている」との自覚を持つことが、強いチーム作りには重要だと感じている。

■チームの「気づき」をシェア

東 佑樹(海陽学園海陽中等教育学校高校2年、17歳)

チームのために個人がすべきこと、それは「シェア」だ。チームに所属していると、自然にそのチームの長所や短所が見えてくる。しかし、そのような「気づき」を自分の中だけに留めていては、何も変わらない。気づきを共有することで初めて、チームが新たな視点やツールを得て、力が向上する。そのために、全員がシェアできるような環境づくりが求められる。最も大切なのは、シェアされた一人の「気づき」をチームにすぐに取り入れ、行動に移すことだ。シェアした個人にしてみれば、自分の「気づき」がチームに取り入れられる、という経験をすることになり、自らシェアすることへの抵抗が和らぐだろう。また、そのシェアの結果が業績アップやチームの勝利といった具合に目に見える形になれば、より自信を持てるようになる。個人が常にシェアを意識し、チームとしてシェアしやすい環境をつくることが最も大切だ。

次回の未来面

次回、11月7日付未来面ではLIXILグループ社長の瀬戸欣哉さんが課題を提示します。アイデアを広くお待ちしております。

未来面 革新力をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

片野坂真哉・ANAホールディングス社長編

永瀬昭幸・ナガセ社長 東進ハイスクール理事長編

東原敏昭・日立製作所社長兼CEO編

国分文也・丸紅社長編

高橋広行・JTB社長編

山内雅喜・ヤマトホールディングス社長編

尾堂真一・日本特殊陶業社長編

柄沢康喜・三井住友海上火災保険社長編

大野直竹・大和ハウス工業社長編

越智仁・三菱ケミカルホールディングス社長編

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ

電子版トップ連載トップ