/

三菱重工、大島造船と基本合意 今治・名村に続き提携

三菱重工業は14日、造船専業大手の大島造船所(長崎県西海市)と商船事業で提携することで基本合意したと発表した。新型船の共同開発・建造などを想定しているが、具体的な提携内容については今後の協議で詰める。

三菱重工は3月末、国内建造量首位の今治造船、名村造船所と提携することで基本合意していた。大島造船所とはその時点で合意に至らず、水面下で協議を進めてきた。

大島造船所は資源輸送などに使われるばら積み船の建造に強みがある。例えば燃費性能に優れる新型のばら積み船を共同で受注した場合に、三菱重工が設計・エンジニアリングを担当。大島造船所が建造を請け負うといった役割分担によって建造コストの引き下げを狙う。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン