/

この記事は会員限定です

出光・昭シェル、流通改革で効果上積み 合併予定の両社長に聞く

[有料会員限定]

2017年4月までの合併を予定する出光興産と昭和シェル石油が収益改善効果の上積みをめざす。出光の月岡隆社長は日本経済新聞の取材に対し、業界全体で卸価格の透明性を高めるなどの流通改革で年500億円規模の追加改善を見込めるとの見方を示した。昭シェルの亀岡剛社長もコスト削減の必要性を強調。歴史的な原油価格低迷で事業環境の厳しさが増しており、生き残りに向けた対策を加速する。

出光と昭シェルは両社で計6カ所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン