2018年6月19日(火)

フェイスブック、「悲しいね」ボタンなど5種追加

2016/1/14 19:48
保存
共有
印刷
その他

 交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックは14日、友人らの投稿への共感を示す「いいね!」ボタンについて、日本で「悲しいね」など5種類を追加したと発表した。投稿やニュース記事に対して多様な気持ちを簡単に表現できる。すでにスペインなどで導入しており、日本は6カ国目となる。

 「悲しいね」のほか「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「ひどいね」のボタンを設けた。それぞれ顔文字を表示し、直感的に感情が伝わるようにする。

 「いいね!」ボタンはフェイスブックの特徴的な機能だが、不幸な内容などへの共感を示す際にそぐわない。利用者からは感情の種類を増やしてほしいという要望が出ていたという。

 また、フェイスブック上で素早くニュース記事を表示するサービス「インスタントアーティクル(記事)」について、日本経済新聞社など6社が日本語による記事配信を近日中に始めると明らかにした。動画や音声と組み合わせたニュースを配信できる機能で、これまでも米国や韓国などで提供している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報