2019年2月18日(月)

講談社、中堅出版・一迅社を買収 「オタク系」漫画を強化

2016/10/14 20:22
保存
共有
印刷
その他

講談社は14日、中堅出版社の一迅社(東京・新宿、杉野庸介社長)を年内に完全子会社化すると発表した。買収金額は明らかにしていない。一迅社は漫画やライトノベルを刊行しており、2016年7月期の売上高は44億円。買収後も一迅社の雑誌などは存続する。

一迅社はシリーズ発行部数210万部の「ヲタクに恋は難しい」や「ゆるゆり」などを刊行し「オタク系」作品に強みを持つ。14日に両社が開いた会見で講談社の野間省伸社長は「一迅社を組み込み、ニッチな分野を強化する」と語った。

一迅社は講談社の傘下に入ることで海外拠点やデジタルサービスを活用し、自社作品の販売拡大を狙う。一迅社の原田修会長は「電子書籍の普及はチャンスだが、中小出版社には負担が大きい」と語った。アプリやウェブサービスは開発や維持に費用がかかり、中小出版社の課題となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報