2017年11月23日(木)

話せる徹子ロイド 電通など4社が開発

2017/9/14 20:27
保存
共有
印刷
その他

電通など4社が開発した黒柳徹子さんのアンドロイド(右)。左は本人

電通など4社が開発した黒柳徹子さんのアンドロイド(右)。左は本人

 電通やテレビ朝日など4社は14日、女優の黒柳徹子さんのアンドロイドを開発したと発表した。大阪大学の石黒浩教授が監修した。高齢者とのコミュニケーションや、子供への絵本の読み聞かせなど社会活動に使う。

 10月から黒柳さんの半生を描いたドラマ「トットちゃん!」が放送されることを記念して開発した。黒柳さんを3次元(3D)カメラで撮影し、等身大の型を作製。長寿番組「徹子の部屋」の会話データを基に、最新技術で合成した声で話す。本人の表情やしぐさ、クセなども研究し再現した。来年からは自律会話システムも導入し、会話ができるようになる。

 石黒教授はタレントのマツコ・デラックスさんのアンドロイド「マツコロイド」も監修したアンドロイド研究の権威。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報