2017年11月21日(火)

法人の4割がサイバー被害 トレンドマイクロ調査

2017/9/14 20:47
保存
共有
印刷
その他

 ■トレンドマイクロ 2016年に国内の企業や公的機関の法人の4割がサイバー攻撃により個人情報の流出などの重大な被害を受けたとするアンケート調査結果を発表した。平均被害額は前年調査より1割多い2億3177万円で、過去最多となった。

 重大な被害を経験した法人で情報セキュリティー関連の予算が「増加した」もしくは「増加に向け調整中」と回答した割合は65.1%に上った。一方、未経験の法人は24.9%にとどまる。トレンドマイクロでは実際に被害を受けるまで対策に本腰を入れない法人が多いと指摘する。

 組織の上層部がサイバー攻撃を事業継続のリスクとして認識していると回答した法人は32.1%だった。情報セキュリティー関連予算の増額に消極的な法人ほど、上層部の危機意識も薄い傾向にあるという。

 調査は企業や官公庁・自治体の情報セキュリティー担当者1361人を対象に実施した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

トレンドマイクロ法人



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報