/

NEC、省エネの中期目標3年前倒しで達成

NECは14日、自社製品の消費電力量が2014年度に05年度比91%減になったと発表した。17年度に同80%減とする中期目標を3年前倒しで達成した。主力の通信機器やサーバーなどで省エネ性能を高めた。今後は異常気象による水害被害を抑えるインフラ管理システムなど、気候変動に適応したサービスにも注力する。

05年度の製品を基準に毎年度、製品の消費電力削減率を算出している。13年度は75%減だった。携帯基地局や無線通信機器「パソリンク」で省電力機種の開発・販売に注力し、14年度の削減率を高めた。

オフィスの省エネ管理システムなどNECの情報システム導入による二酸化炭素(CO2)削減量は、14年度までの5年間累計で1171万トンとなった。17年度までに累計1500万トンの削減を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン