/

この記事は会員限定です

三井物産、インドで医薬品事業 卸最大手に出資

[有料会員限定]

【ニューデリー=黒沼勇史】三井物産はインドの医薬品市場に参入する。インドの病院チェーン最大手のアポログループから、同国での医薬品卸最大手キーメッドの株式20%を取得する。出資額は2500万ドル(約31億円)とみられる。人口増を背景に医薬品需要が拡大するインドで市場開拓を進める。

キーメッドは2万品目以上の医薬品を扱う。三井物産が日本をはじめとした先進国の医薬品や医療機器をインドに供給し、キーメッド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン