2019年4月19日(金)

VW日本法人、初のEV2車種発売 15年に

2014/10/14付
保存
共有
印刷
その他

独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は14日、同社として初めての電気自動車(EV)2車種を2015年に発売すると発表した。同社の人気小型車のEV仕様で、ガソリンエンジン仕様と同じ構造を採用しており、既存ユーザーにも訴求する狙い。「e-up!(イー・アップ)」は早ければ3月にも納車を始める。3月内であれば価格は補助金適用後で200万円台後半。

同日都内で開いた発表会で同社の庄司茂社長は「EVは特別な自動車ではない。より多くの人に届けたい」と話した。イー・アップは2月に、「e-Golf(イー・ゴルフ)」は15年半ばに発売する。それぞれ一回の充電で走行できる距離は、185キロメートルと215キロメートル。日本が主導する急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」にも対応した。イー・ゴルフの価格は400万円台後半を見込む。

来年から販売を開始するフォルクスワーゲンの「e-up!(イー・アップ!)」と「e-Golf(イー・ゴルフ)」(14日午後、東京都千代田区)

来年から販売を開始するフォルクスワーゲンの「e-up!(イー・アップ!)」と「e-Golf(イー・ゴルフ)」(14日午後、東京都千代田区)

他社がEV専用車を用意しているのに対して、VWでは内装、外装ともガソリンエンジン仕様とほとんど同じにしているのが特徴。EV自体や環境問題への関心が強い層だけでなく、アップやゴルフの既存ユーザーなどにも販売を広げる狙い。

日産自動車の「リーフ」に加え、4月には独BMWも「i3」を日本に投入しており、消費者の選択肢が増えてきた。国や自動車メーカーの負担で充電インフラも急速に整いつつあり、EVの普及が加速しそうだ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報