/

この記事は会員限定です

ドコモ、養豚向けIoT 生育コスト2割減

[有料会員限定]

NTTドコモは、あらゆるものがネットにつながる「IoT」を養豚業に応用する実証実験を始める。センサーを使って豚が食べた量を計測し、体調を把握できるようにする。生育にかかる費用を従来の2~3割抑えられるとみている。

沖縄県南城市、千葉県旭市、埼玉県深谷市など5つの地区で実験する。ソフトウエア開発のデータホライゾン(広島市)と共同で実験を始めた。

豚を観察するためのセンサーやカメラ、温度計、通信機器などのシステムを養豚場に設置す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り316文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン