/

この記事は会員限定です

ソフトバンク、共同で最大10兆円規模ファンド

サウジ系とテクノロジー分野投資

[有料会員限定]

ソフトバンクグループは14日、サウジアラビアの政府系ファンドと共同で投資ファンドを設立すると発表した。ソフトバンクは5年間で少なくとも250億ドル(2兆6千億円)を出資し、成長機会につなげる。脱石油依存に向かうサウジだけでなく、他の投資ファンドとも協議中で1000億ドル(10兆円強)規模となる可能性もある。日本の事業会社が投資ファンドに出資する規模としては最大となる。

新たに設立するのは「ソフトバンク・ビジョン・ファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン