/

車両連結型のHVバス19年投入 いすゞ・日野

いすゞ自動車日野自動車は13日、車両をつなぎ一度に多くの乗客を運べる「連節バス」を2019年に投入すると発表した。ハイブリッド(HV)型の連節バスとしては国内で初めて。2020年に開催する東京五輪でバスの利用が増えることを見据え、路線バスなどでの利用を想定する。

通常のバスは全長が約11メートルだが2つのバスをつなげることで18メートル前後にする。ディーゼルと電気を組み合わせたハイブリッドシステムを導入する。国内の連節バス市場では、三菱ふそうトラック・バスがメルセデス・ベンツのディーゼル型の連節バスを販売するなど外資系が先行している。国内勢としては日野といすゞが初めて。

日野といすゞは折半出資するジェイ・バス(石川県小松市)で、バスの生産を共同で手掛けてきたが、車両開発でも協業領域を広げる。バス業界は運転手不足が社会問題となっており、効率的に大量輸送できる連節バスで、バス運行会社の需要を掘り起こせると判断した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン