/

川重、ボーイング機向け新工場竣工 愛知・弥富市で

■川崎重工業 米ボーイングの中大型旅客機「787」の胴体などを増産する新工場の竣工式を13日に開いた。名古屋第一工場(愛知県弥富市)に350億円を投じて延べ床面積6万平方メートルの工場を新設した。炭素繊維複合材(CFRP)製の胴体を焼き固める巨大な窯「オートクレーブ」や、CFRPを自動積層する機械などを導入した。

787は1000機以上の受注残を抱えており、ボーイングは現在の月産10機体制から20年までに14機に引き上げる計画。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません