/

ツルハHDとフジ、レデイ薬局にTOB 中四国で事業拡大

ドラッグストア大手のツルハホールディングス(HD)と愛媛県地盤のスーパーのフジは13日、中四国地方でドラッグストアを展開するレデイ薬局にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。ツルハHDは51億8000万円を投じ、発行済み株式の51%を取得する。店舗が手薄な西日本を強化したいツルハHDと、ツルハHDの規模やノウハウを生かしたいフジの思惑が一致した。

フジはレデイ薬局に約34%を出資している。ツルハHDとフジはまず、レデイ薬局創業家などから1株800円で発行済み株式の約29%を5月18日までに取得。フジは12億6000万円を投じ、出資比率を49%に引き上げる。その後、7月13日までにツルハが一般株主から残り約36%を1株1000円で買い取る。レデイ薬局は10月をめどに上場廃止となる見通し。

レデイ薬局は中四国を中心に2月末時点でドラッグストアなど約200店を展開。ツルハHDは東日本を中心に約1350店を展開する。同日会見したツルハHDの堀川政司社長は「地域的に補完関係にあり、(中四国で)ドミナント(集中出店)化を一気に加速できる」と語った。今後、共同仕入れや自主企画商品の共同開発も進める。

ドラッグストア業界では再編が加速している。イオンはウエルシアホールディングスなど傘下の4社を9月までに統合。現在1位のマツモトキヨシホールディングスを上回る見通し。ツルハHDとレデイ薬局の売上高は単純合算で4410億円(13年度)となり2位のサンドラッグ(13年度で4478億円)に迫る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン