2018年5月24日(木)

大和ハウス、倉庫入居者に物流提供 運送仲介会社と提携

2017/6/13 21:04
保存
共有
印刷
その他

 大和ハウス工業は自社が運営する倉庫の入居者に対し、物流サービスの提供を始める。IT(情報技術)を使って運送業務を仲介するベンチャー企業と連携し、資材を搬送するトラックを適正価格で配車する。繁忙期などにトラックを確保しやすくし、倉庫の競争力を高める。

 トラックと荷主の仲介サイトを運営するHacobu(東京・港)が13日、大和ハウスと5月末に業務提携したと発表した。資本提携も視野に入れているという。両社は約150の運送会社が登録するHacobuのシステムをもとに、新たな物流サービスを開発する。

 倉庫の入居者はこのサービスによって物流計画が立てやすくなる。人工知能(AI)を使う予定の新システムが完成すれば、倉庫の在庫情報やトラックの運行状況を分析し、積載率を高めることもできる。国内だけでなく、大和ハウスの海外倉庫への導入も検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報