/

「カップヌードル」ミンチ肉6年ぶり復活 日清、具材を刷新

日清食品は13日、「カップヌードル」を今月下旬から順次、刷新すると発表した。豚肉や野菜を練り合わせて固めたダイス状のミンチ肉を具材に追加する。消費者の要望に応え6年ぶりに同具材を復活させる。「カップヌードル カレー」でミンチ肉を増量するなど、シリーズの6商品すべてで具材を充実させる。

ダイス状のミンチ肉は1971年の発売以来2009年春まで採用されていた具材だが、角状のチャーシューに切り替わっていた。今回、消費者調査で最も評価の高かったチャーシューとミンチ肉の2種類の組み合わせに変える。

エビ・ネギ・タマゴの他の具材に変更はない。全体の内容量は従来品と同じ77グラムで、希望小売価格も税別180円で変えない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン