アップル、ジョブズ氏監修の新本社公開

2017/9/13 21:13
共有
保存
印刷
その他

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは12日、新製品発表会を開き米カリフォルニア州クパチーノ市にある新本社の一部を報道陣に公開した。創業者の故スティーブ・ジョブズ氏が監修した巨大なガラス壁を建物全面に使った建物群が特徴で、1万2千人以上を収容する。総工費は50億ドル(約5500億円)超といわれる。敷地内には9千本の樹木を植え、ガラス越しに緑に囲まれた感覚を出した。

 取材に応じたアップルの共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏は「カリフォルニアの自然と一体化して仕事できるのは開発者にとって理想的な環境」とコメントした。完成間近の新本社ビルの内部には、吹き抜け構造の巨大な食堂や休憩スペースを設けている。「ポッド」と呼ばれる小さな仕切りしかない空間も数多くつくった。別部門の社員が偶然出会う機会を増やす工夫により新たなアイデアが生まれやすくしている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
6:00
20日 23:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報