2017年11月25日(土)

第一三共ヘルスケア、シンガポールで化粧品販売

2017/9/13 21:10
保存
共有
印刷
その他

 ■第一三共ヘルスケア 13日、9月中にも化粧品でシンガポールに進出すると発表した。敏感肌や乾燥肌向けの化粧水などを販売する。同社の海外進出は中国やタイなどに続き5カ国・地域目となる。シンガポールへの進出を契機に、主要市場と位置づける東南アジアの需要を掘り起こす。

 発売するのはスキンケア化粧品の「ミノンアミノモイスト」シリーズの保湿化粧水など5品目で、20~30歳代女性に売り込む。価格は日本より1~2割高めに設定する。シンガポールは「世界中の製品が集まる見本市のような存在」(同社)で、現地でも敏感肌など向けの市場が広がりつつある。訪日客などの購入で知名度が高まっている中国などと並ぶ重要地域と位置づけ、2021年3月期には海外で30億円の売上高を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

第一三共ヘルスケアシンガポール化粧品



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報