/

すしの宅配、ロボにお任せ ZMPが「銀のさら」と実験

ロボット開発ベンチャーのZMP(東京・文京)は13日、歩道を走る宅配ロボット「キャリロデリバリー」を公開した。宅配すし「銀のさら」を提供するライドオン・エクスプレスと組み、8月以降に実証実験を始める。実用化に向け、政府と宅配ロボの規制緩和についても議論を進める。

キャリロデリバリーは宅配ボックスを備えた箱型の本体に車輪をつけ、カメラやレーダーで周囲を検知する。食品などの集配施設から顧客宅までの「ラストワンマイル」の配送を代行するのが目的だ。ライドオン・エクスプレスとはまず、オフィスなどの私有地で実証実験を始める。

宅配ロボに関する法整備は進んでいない。小型特殊自動車に分類された場合、期間限定でしか歩道を走れないという。時速最大6キロに抑えることで、ハンドル型電動車椅子(シニアカー)のような分類を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン